2012/12/31

年の瀬


年の瀬といえば。。

毎年、松前町の伊予翁(いよおきな)のお蕎麦!

今年は、家族3人で行きました。
























いつも混んでいる店内ですが、
30日ということと、3時閉店まぎわゆえに、
座ることができました。

店主の笘居さんに挨拶をと、厨房を覗くと。。

なんと!
今年もコラボハウスの清家氏が真っ白い調理服を着てバイトしてました(笑)
行くとは聞いていましたが、30日もだったとは!
接客の感覚を磨くためとはいえ、ほんと勉強熱心デス。

30、31日の2日間、蕎麦屋アルバイト中。
皆様、来られる際は声掛けてあげてください(^o^)


そうして、お蕎麦をいただいていると。。。

コラボハウスのコンプライアンス等でお世話になっている
顧問弁護士の岩本先生が来られ。。

今度はコラボハウス代表の田窪氏が、予約していた持ち帰り蕎麦を取りに。。と、


気づけば、お施主の笘居夫妻を含め、コラボハウス関係者だらけ。


なんだかんだありながらも、今年も伊予翁さんで、お蕎麦をいただける幸せ。
しみじみと嚙みしめました。



今年1年、ありがとうございました。

2013年も、皆様と幸せな年にしたいです。


コラボハウス
福岡美穂


2012/12/19

フランチャイズ展開


先日、大阪にて。

全国の工務店経営者さんへ向けた、公開セミナーが行われました。

講師は、コラボハウスの清家です。





















いまコラボハウスは、
全国の工務店さんに向けて、ある提言を投げかけています。

コラボハウスの4年間の失敗・成功事例を余すところなく公開、共有し
それぞれの工務店経営に活かして欲しい。

成功事例を増やし、全国の工務店さんとの協力体制をつくっていき、
みんなで増税後の住宅業界で生き残っていく、そんなチームをつくりたい。


清家の視点は、先天的なものか本当に鋭い。

コラボハウスが成功しているノウハウを開示することによって、
全国的な成功事例へと拡がれば、喜びは何十倍にもなって返ってくる。


いかに得のさせあいっこができるか。
多くの人に求められていることをできるか。

利益を自分に担保する時代は終わりつつある。
そんな社会構造にパラダイムシフトしつつある。


帰途の道すがら、スタッフの高垣と2人、
そんな話で盛り上がりました。

高垣いわく、グーグルは、まさにその構造らしい。
なんだか、ぼんやりしていたことが、自分の中で確信へと変わりました。


コラボハウス
福岡美穂






2012/12/16

最近のあれこれ































イタリアンの上棟がありました。
その日は霜が降り、朝方は寒い建前となりました。





これからの現場、楽しみです。





それから。

コラボハウスの中で、「カメラの勉強会」を開きました。
講師は、名古屋から来られた建築写真家、田岡信樹さん

2年ぶりの2回目開催。


コラボハウスには、カメラ部が存在します。
趣味というよりむしろ、完成写真の撮影部隊です。



みーんな一眼レフ。
マニュアルで撮ってマス。

建築写真の技術向上を目指します。


3時間ほどの座学のあと。。
実際の現場での講習もしていただきました。



絞り・シャッター速度・露出・ISOを気を付けながらの写真撮影。
構図のセンスも大事な要素。

ほんと、勉強になりました!


コラボハウスの完成写真を撮り続けて、はや4年。

いままでも、そしてこれからも
カメラを持って、とにかく撮り続けます。




コラボハウス
福岡美穂











2012/12/07

伊丹十三記念館にて。




















瀬戸内生活工芸祭の次の日。

伊丹十三記念館にて、
建築家 中村好文さん にお越しいただき、
取材をさせていただきました。

「四国の美しい店」
紙面インタビューです。


当日は、ありがたいことに天候もよく、
たいへんポカポカした、気持ち良い午後からスタートしました。




















記念館のなかにあるカフェで、
1時間半程、お話を伺いました。

伊丹十三記念館を手掛けられた思い。
展示方法のみならず、展示物ひとつひとつ選ぶ作業まで。。
並々ならぬ意気込みを感じました。

内容については、現在制作中の本に載りますので、
楽しみにしていただければと思います。

前日の工芸祭の流れで来館された方や、
中村先生で家を建てられたお施主さんも加わり
いつの間にか、大所帯に。。

やはり、先生のまわりにはたくさん人が集まります。










そして、終了!

その後、先生のフライトまで時間があったので、
みんなで道後の「一六タルト」へ。


先生が手掛けられているお店です。

ちょっと座れるベンチがあったり、




2Fは、道後温泉が眼前に広がるカフェです。



道後温泉を見ながらの、笑いの絶えない話が続きました。




おまけ。

中村さんのライフワークは、替え歌。
もちろん、工芸祭の歌も作ったそう。
みんなで歌ったそうですよ。
車内で生歌、うたってもらいました。




楽しくなければ、心地よいものはつくれない。

私が2007年にNHKのプロフェッショナルで初めて中村さんを知ったとき、
印象に残っていた言葉。

まさしく、それが全てを物語っています。

「四国の美しい店」
3月31日に書店・コンビニにて販売開始。

コラボハウス
福岡美穂