2011/06/29

 Kagawa の楽しみ






















時間を見つけては香川に行くのが好きです。
それは、大学卒業して初めて社会人になったときに、
引っ越して住んでいたから。。という理由だと思うのですが。。。
要するに「懐かしい」と一括りにしておきます。
京都の次に好きな所です。

香川は、アート先進国です。
上の写真は、香川県立東山魁夷せとうち美術館。
美術館のはなしは、また別の機会に。。

さて、なぜ香川談義になったかというと、
今、四国中央市で着工させていただいているY様から
「いい店が綾歌にある」と教えてもらったのが始まり。

さっそく行ってみました!
connect に!



北欧雑貨のお店で、OPENが12時~19時。日曜定休という潔さ。
かなり北欧にこだわっています。

イッタラやアラビア(陶器)がやたらと種類豊富で、
そのなかに、小泉道具店の商品などがあったりと、見るだけで楽しい品揃え。

あと、奥の部屋には北欧家具や照明のスペースがあります。
























そのなかで、ひとつ欲しいと思うものが!!
アアルトスツール60

しかも、座面はみたことない革張りです。
さっそく店員さんに聞いてみると。。
非売品でした!北欧に買い付けに行ったときに購入したものだそうです。
残念!!

そのついでに店員さんとの雑談の中で、
すこし前に、愛媛から来られた方でペンダントライトPHの種類で悩まれていましたという話で、
その人は間違いなくY様だということになり、紹介してもらった経緯を話したのでした。
そして、お店の写真を撮らせて頂きました。


写真1.PH5


とても店員さんが素敵なお店でした!
北欧雑貨が気になるかたは、是非一度行かれてみてください。
紹介頂いたY様、ありがとうございます!



おまけ!














うどん「なかむら」が近くにあります。
村上春樹のエッセイにも載ったことのある名店です。
久々に行ってみると、とても綺麗になっていてびっくり。
昔は、自分でネギを切らないといけなかったのに。。。
外で食べるうどん、最高です。

おなか空いてきました。


コラボハウス
福岡美穂

2011/06/21

今週末の見学会①
















7月9日(土)・10日(日)・11日(月)に行われる内覧会の家は、
さまざまなエピソードがあります。
以前、一部をブログにも書かせて頂いたのですが、


以前書いたブログ①
以前書いたブログ②

少し長い時間軸によって完成しました。

ほんとうに、
「大きな暮らしができる小さな家」が現実となりました。
とってもシンプルだけど、なんともいえずやさしい家なのです。

この家に関わったすべての方々に感謝です。
そして、相談にのっていただいた永田昌民先生においては、
感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。


コラボハウス
福岡 美穂

2011/06/09

美術館のススメ①






大塚国際美術館へ行ってまいりました。

子供と初美術館!
徳島にある陶板名画美術館です。

1000点を超える名画が展示されており、世界史教科書で見たことのある名画がズラリ!
写真OKで、触れるのもOKなのが嬉しい。
子供と行く美術館としては最適だと思います。


もとは、この絵本でうさこちゃんが、
「わたし、もう おおきいよ。」
と、おとうさんを説得し美術館につれていってもらう話があり、
それを読んで、
「自分もいきたい!」
とのことで連れて行くことにしました。



































なんだか、うさこちゃんになったようで嬉しそうでした。
あかちゃん(キリスト)が気になる様子。























モナリザの所は、人だかりができており、
不思議そうに寄っていってました。
























美術館自体も広く、最後までじっくりみることはできませんでしたが、
また、次の機会に行く楽しみを残し、徳島を後にしました。




福岡美穂




2011/06/05

伊東豊雄に会いに..広島へ





















先日、アイカのデザインセミナーが広島で開催され行ってまいりました。

講師は、伊東豊雄。
今をときめく建築家であります。

すこし作品をご紹介します。
有名なのが、仙台メディアテーク。





















あと、一度は行ってみたい「瞑想の森」



「これからの建築を考える」という題での講演は、
地震というテーマを含めつつ、いかに建築をかんがえていくべきか・・考えさせられました。

印象に残った言葉としては、
「建築とは、人々の集まるところに形式を与えることである」

もちろん、大きな場を形づくる建築家ならではの発言なのですが、住宅もしかり。

「住宅とは、家族の集まるところに形式を与えることである」
と、繋がってきます。
人と人、自然と自然をつなぐ役割に徹していきたいと改めて思いました。





チャリと野菜生活ラボ
福岡美穂